< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
kiriri店長・下田
kiriri店長・下田

スマートフォン対応です
パワーストーン ブレスレット kiririの店長をしております下田と申します。
多くの方にご愛用頂きまことにありがとうございます。
パワーストーンの魅力にはまって早15年。ひとりでも多くの方に魅力を知って頂きたいと思いkiririを立ちあげました。

ブレスレットに力を入れており、効果デザイン性に自信がございます。職人の手でひとつひとつ丁寧に組み上げており、品質強度にも自信がございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
投稿下田裕也
パワーストーン ブレスレット kiriri
タグクラウド
パワーストーン   天然石   組み合わせ   パワーストーンブレスレット   効果   風水   浄化   アメジスト   ルチルクォーツ   アマゾナイト   運気アップ   人工石   アパタイト   ガーネット   アベンチュリン   ローズクォーツ   ピンクオパール   ロードクロサイト   インカローズ   シトリンクォーツ   ターコイズ   水晶   ムーンストーン   アクアマリン   タイガーアイ   翡翠   元旦   アンバー   プログラミング   カーネリアン   ラピスラズリ   ダイヤモンド   ブルーカルセドニ   ピンクカルセドニ   クリソコラ   宝石   品質   正月   パワースポット   初詣      ルビー   運気   エネルギー   ラリマー   相性   オニキス   カイヤナイト   タンザナイト      アラゴナイト   自作   ラブラドライト   プレナイト   鉱物   ネックレス   クリソプレーズ   アイオライト   オブシディアン   ミルキークォーツ   ヒスイ   クンツァイト   サファイア   トルマリン   スギライト   ヘマタイト   ペリドット   セラフィナイト   クセ   硬度      チャクラ   産地   動画   ブレスレット   スマホ   エメラルド   人気   コミュニケーション   モルガナイト   初夢   インテリア   サンストーン      誕生石   ハイパーシーン   金運アップ   開運詐欺   マラカイト   モリオン   ガーデンクォーツ   天眼石   リング   ストラップ   ブラッドストーン   スモーキークォーツ   ソーダライト   チャージ浄化   アクアオーラ   マザーオブパール  
最近のコメント
2016年11月01日

ラビットヘアールチルクォーツとアンフィボールインクォーツ

ラビットヘアールチルクォーツ

「ラビットヘアールチルクォーツ」という名前を聞いたことはありますでしょうか。

たまにご質問を頂くことがあるので、今回はラビットヘアールチルクォーツに関して書いていこうと思います。

とても優しく神秘的な表情が魅力

”ラビットヘアー”とはそのままの意味で”ウサギの毛”です。

一般的な説明では”ルチルがウサギの毛のようにフワフワしている”ことからラビットヘアールチルと呼ばれている、とされています。

ウサギの毛といわれてもあまりピンときませんが、なとなく言いたいことは分かる気がします。

細い毛のようなルチルが美しく内包しているわけですね。とても個性的で魅力的ですね。

そもそもルチルなの?

さきほど”細い毛のようなルチルが美しく内包・・・”と書きました。

このように書かれていることが多いので私も同じように書いたのですが、これはよくない表現です。

なぜならルチルではないからです。【ルチルの定義

ルチルではなくアンフィボール(角閃石)です。

ブルールチルクォーツやグリーンルチルクォーツと同じですね。これらもルチルではなくアンフィボール(角閃石)、もっと具体的に書くとアクチノライト(緑閃石)です。

ラビットヘアールチルクォーツとアンフィボールインクォーツ

ここまでの内容でもうお分かりですね。

ラビットヘアールチルクォーツというのは通称(ニックネーム)で、正確にはアンフィボールインクォーツです。

商売的な目線で見た場合、アンフィボールインクォーツよりも”ラビットヘアールチルクォーツ”と紹介された方がなんだか魅力的に感じると思います。

鉱物としての正式名称ではなく通称で一般に広がるのは決して悪いことではないと思いますが、そもそも別物の名前を名乗るのはどうもしっくりきませんね。

針入り水晶=ルチルクォーツではありません

当ブログでも何度か書いたことがありますが、これはとても大切です。

一般的に”針っぽいのが入ってるからルチルクォーツ”と考えてしまう傾向にありますが、これは正しくありません。

そうではなく、針入り水晶という大きな枠があり、その中にルチルクォーツも含まれているに過ぎません。

針状のアクチノライトが入っていたり、針状のトルマリンが入っている水晶も”針入り水晶”です。

それでもやっぱりラビットヘアールチルクォーツは美しいです♪

なんだかラビットヘアールチルクォーツを否定するような内容になってしまった気がしますが、決してそうではありません。

せっかくこんなに美しい石なのに、ニセモノ感のある名前になっているのが残念だな、と思っているだけです。

良質なホワイトラビットヘアールチルクォーツは極めて希少価値が高く、そしてものすごく美しい石です。

kiririでも扱いたいのですが、なかなか仕入れるのが難しいです。いつの日か仕入れてデザインしたいな、と思っています♪

  


Posted by kiriri店長・下田 at 03:50Comments(0)パワーストーンの知識
2016年06月09日

タイチンルチルクォーツ|太い針(ルチル)を内包した美しい水晶

タイチンルチルクォーツ

代表的なパワーストーンの筆頭としてルチルクォーツを挙げることができます。

知名度・人気ともにトップクラスで、美しさも申し分ないです♪

ルチルクォーツは品質の良し悪しが表情にハッキリあらわれる石ですが、”特別なルチルクォーツ”としてタイチンルチルクォーツをご紹介しようと思います。

タイチンルチルクォーツとは

ルチルクォーツについていろいろ調べていると、いろんな種類のルチルクォーツがあることがわかると思います。

いろんな色がありますからね♪→【ルチルの定義

ルチルクォーツは品質によって価格差が激しい石ですが、タイチンルチルクォーツは極めて高額です。

”タイチンルチルクォーツ”という鉱物があるわけではなく、ある特徴を持つものを特別にそう呼んでいます。

タイチンとは中国語で「太い針」を意味します。

もうお分かりですね。太くてしっかりしたルチルが束になって内包している水晶のことをタイチンルチルクォーツと呼ぶわけです。

明確な基準がないから・・・

では具体的に、どの程度の太さになるとタイチンルチルクォーツと呼ぶのでしょうか。

残念ながら明確な基準はありません。一般的なルチルと比較して明らかに太く束になっているものを「これはタイチンルチルだな」と判断することになります。

前述したようにタイチンルチルクォーツは極めて高額なので、適当な感じで判断されると困りますよね。

とはいえ、見た目の違いは歴然としているので見間違えることはないと思います。

太いルチルは希少価値が高い

タイチンルチルクォーツが高額なのは、”太いルチル”の希少価値がとても高いからです。

ルチルクォーツと聞いて思い浮かべるのは細い針のようなルチルがたくさん内包している水晶だと思います。

ほとんどがそのイメージどおりの姿をしていますが、稀に太いルチルが束になっているものが存在します。

圧倒的に数は少ないので当然高額になりますね。

ルチルの太さと量、そして水晶の透明度で価値が決まる

ルチルクォーツの価値も「ルチル・水晶の美しさ」で決まりますが、タイチンルチルクォーツも同じですね。

太くしてしっかりしたルチルの束がびっしり内包している透明度の高い水晶。これが最高のタイチンルチルクォーツですが・・・、ものすごく高額です。

粒の大きさによっても違いますが、8mmを超えるサイズになってくると価格が跳ね上がる印象があります。

ブレスレットにすると数十万円単位になってくると思います。なかなか手が出せないですね。

デザインのアクセントして1粒から数粒程度だけ使ったデザインが良さそうですね♪

タイチンルチルクォーツを使用したパワーストーンブレスレット

kiririではタイチンルチルクォーツを使用したパワーストーンブレスレットを制作しております。

ぜひご覧くださいませ。

タイチンルチルクォーツ パワーストーン ブレスレット

  


Posted by kiriri店長・下田 at 01:55Comments(0)パワーストーンの知識
2016年04月21日

パワーストーンに傷が・・・。何かの暗示・兆候?

パワーストーン 傷 天然石

パワーストーンブレスレットが切れてしまったり、傷がついてしまったり・・・。

想いを込めるものに何かしらのダメージがあると不安な気持ちを抱いてしまいますよね。その気持ちはとてもよくわかります。

パワーストーンの傷は”鉱物の傷”

言うまでもなくパワーストーンは”天然石”です。

人工的にキレイに作り出されたものではなく、長い年月を経て生み出された天然の芸術です。

完璧な美しさではないからこそ”天然”の美しさ、凄みを感じ取ることができます。

目を凝らしてよく見てみると、パワーストーンに傷はつきものです。細かい傷はどうしても避けることができないものだったりします。

動物でイメージすると分かりやすいかもしれません。

ペットとして飼われている犬や猫と、完全に野生の犬や猫。前者の方がキレイでしょうが、後者の方がみなぎる生命力にあふれていると思います。

いつの間にかパワーストーンに傷が・・・

細かい傷であれば、外で身につける時点で必ずついてしまいます。

宝石の定義として”モース硬度7以上”が挙げられますが、空気中に漂う石英によって傷つかない硬度という意味です。

ということは、モース硬度7よりも低い石は、空気中に漂う石英によって少しずつ傷つけられていくわけですね。これは避けることができません。

あとは、いつの間にかどこかにぶつけてしまって傷をつけてしまったケースですね。

これも・・・、しかたないですよね。どんなに注意していても、いつかガツンとやってしまうこともありますから。

気にせずに愛用してください

そもそも”絶対に傷つけたくない”のであれば身につけることすらしないはずです。ましてや外出などもってのほかですね。

パワーストーンは持ち主との絆を深めることでその効果を発揮する、と私は信じています。

一緒に外出して外の空気に触れ、いろんなものと出会い、楽しい想いや辛い想いなども共有していくことで絆は深まっていきます。

一緒に年を重ねていくイメージです。仲良しのおじいちゃん・おばあちゃんって素敵ですから♪

そんな関係になれれば最高ですからね。

どうしても気になる場合は迷わず修理しましょう

傷の具合によっては気になる場合があります。

それに、もはや身につけることができないほどのダメージを負ってしまったケースもあるでしょう。

そんなときは、傷ついた石だけを新しい石に交換すれば良いでしょう。

わざわざブレスレットそのものを買い換える必要はありません。経済的にも負担がかかりますし。

同じ石と交換できるならそうすれば良いですし、同じ石がない場合はデザイン的に違和感のない石に交換すれば良いでしょう。

購入したお店に修理依頼するのも良いですし、ご自身で修理しても良いと思いますよ♪

もちろん当店でも対応できますので遠慮なくご連絡くださいませ。

  


Posted by kiriri店長・下田 at 02:08Comments(0)パワーストーンの知識
2014年12月09日

水晶とガラスを一瞬で見分ける方法|動画でご紹介します

パワーストーン 水晶 ガラス玉 見分け方

以前このような記事を書きました。
本物の水晶とガラス玉の決定的な違い・見分け方

当店は日々多くの方からパワーストーンに関するお問い合わせを頂きます。

その中で、水晶玉とガラス玉の見分け方に関するお問い合わせは”安定して多い”ように思います。

お手元にあるものが”水晶なのかガラスなのか”が気になるお気持ち、すごく分かります。

水晶玉とガラス玉がお手元にございましたら、今すぐ実践できる「水晶とガラスを一瞬で見分ける方法」をご紹介しますね。

氷を用いて水晶とガラスを一瞬で見分ける

方法はいたって簡単です。氷の上に水晶玉、ガラス玉を乗せるだけです。

熱伝導率がまったく違うため、水晶玉は圧倒的スピードで氷を溶かしていきます。置いた瞬間から溶かしはじめます。

氷へ自身の熱を圧倒的スピードで伝えるため、水晶玉はガラス玉より圧倒的スピードで氷を溶かしていくわけです。

ちなみに、水晶以外の天然石たちも基本的にガラス玉より早く氷を溶かします。

いかがでしょうか?動画で見るだけでもその違いは歴然としていますね。

氷に吸い付くような感覚。ぜひ体感していただきたいです。

あくまでも「水晶かガラスか」を見分ける方法です

水晶としての特性、ガラスとしての特性。それぞれまったく違うため、氷を用いた実験で一瞬で見分けることができます。

なので、天然の水晶と人工的な水晶をこの方法で見分けることはできませんのでご注意ください。

熱伝導率とは?

その名のとおり「熱の伝わり具体」です。もっと具体的にイメージしやすく説明しますと「熱の移動のしやすさ」でしょうか。

上記の動画は水晶の方が圧倒的に早く氷を溶かしました。室温の水晶・ガラスと氷では、言うまでもなくかなりの温度差がありますね。

水晶の方が熱伝導率は高いです。言い換えれば、水晶の方が”自身の温度を氷へ伝えやすい”ということです。

間違ってはいけません。水晶の熱伝導率は決して高くありません

水晶とガラスを比べているので「水晶の熱伝導率は高い!」となりますが、あくまもガラスと比べてです。

ガラスの熱伝導率が1で、水晶は8、です。かなりの差ですね。

鉄は84,真鍮は106,金は320、銅は398,銀は420。さらに、ダイヤモンドは1000~2000だそうです(笑)

逆に低いのは、ポリエチレンは0.41、シリコンゴムは0.16、木材は0.15~0.25、羊毛は0.05、そして空気は0.0241だそうです。

ダイヤモンドの熱伝導率、すさまじいですね。

それにしても、ダイヤモンドは1000~2000と幅広いということは、それだけ品質による差が大きいということなのでしょう。

価格の差もすごいですが、熱伝導率の差もすごいんですね。さすがダイヤモンドといったところでしょうか。

信頼できるお店を見つけるしかありません

水晶とガラスを一瞬で見分ける方法は分かりました。

しかし、ネット通販では購入する前に確かめることはできません。店舗の場合も無理ですよね。氷を持参するわけにはいきませんから。

結局・・・購入してから実験することになるので、買う前に見分けることはできないわけです。

ちなみにkiririでは天然の水晶を使用しています。ガラスではないのはもちろん、合成水晶でもありません。天然にこだわっています。

  


Posted by kiriri店長・下田 at 19:02Comments(0)パワーストーンの知識
2014年09月06日

パワーストーンブレスレットの二次使用|インテリアや絵画?

パワーストーンブレスレットの二次使用

当店には日々、パワーストーンに関するご質問など多くの方から頂いております。

その中からひとつご紹介させていただきます。

パワーストーンの浄化に、ブレスレットにしていた水晶たちをさざれ石代わりに使ってもいい?

パワーストーンの浄化には様々な方法があります。水晶さざれ石の上に置いてあげる方法はもっとも簡単な方法だと言えると思います。

細かい水晶の粒をたくさん集めて、カップやお皿に敷いてあげて、その上にブレスレットを置く感じですね。

ブレスレットにしていた丸い水晶たちをさざれ石代わりに使ってもいいの?というご質問でした。

パワーストーンブレスレットなどをたくさん持っていると、何らかの理由で身につけることがなくなったものが出てくるものです。

ずっとしまっておくのは可哀想なので、糸を切ってバラバラにし、さざれ石代わりに使おうという発想ですね。

ぜひ浄化用として活躍させてあげてください

「水晶さざれ石=浄化用」で浸透していると思います。なので、それ以外の石を”浄化用”として使うのは邪道なのかな、と思ってしまうかもしれませんね。

全く問題ございませんよ。さざれ石は”粒”なので扱いやすいです。なので浄化用として重宝しているわけです。

ブレスレットに用いる大きな水晶をたくさん集めて、それを敷き詰めて浄化用に使うのはとても素敵だと思います。綺麗でしょうね♪

インテリアとして使うのもおすすめです

長年身につけてて、もう今後は身につけなくなったパワーストーンブレスレットはたくさんあります。

どれも私にとっては宝物ですので、身につけることはなくても傍に置いておきたいです。

糸を切ってバラバラにし、大きな透明のカップに入れてインテリアとしてリビングに置いたりしてます。

いろんな種類の石が混ざってるのでとても綺麗です。

透明度が高い石だけを集めてカップに入れて、夜になったらほんのり照明を当ててあげるとすごく綺麗ですよ。

身につけなくなったパワーストーンブレスレットはどんどん二次活用しよう

ブレスレットとして扱うことができなくなっても、石たちはまだまだ現役バリバリで美しさを放っているはずです。

浄化用に使うのもいいですし、インテリアとして楽しむのも素敵です。

私の友人にとても器用な人がいるのですが、その人は様々な色の石を並べて一枚の絵画のような芸術を生み出しています。

ものすごく素敵だったので私も挑戦しようとしたのですが、想像以上に難しかったので断念しました。

もうちょっと年を重ねておじいちゃんになったら、のんびりテレビを見ながら暇つぶし感覚で再挑戦しようと思っています。

皆様もいろいろなことに挑戦してみてくださいね。

パワーストーンを扱ううえでもっとも大切なのは”心から楽しむこと”ですから。

  


Posted by kiriri店長・下田 at 18:32Comments(0)パワーストーンの知識